患者さんからの炭水化物制限実践報告(1

医者の百の説明より説得力あり


30
大歳台の女性が「健診で尿糖が出たので検査希望」ということで受診された。体重は86kgで肥満指数は32でありかなりの過体重。食後血糖が209HbA1c10.9%だったので「立派な糖尿病ですね。血糖もかなり高いです。でも合併症はないようですよ」と説明したら一瞬「やっぱり・・・」という感じでやや伏し目がちの表情。

食習慣を聞くと「炭水化物系統が大好き」ということがわかったので「原因は明らかなので食習慣を改善すればきっとよくなりますよ」「大好きな炭水化物が高血糖の犯人なので、この炭水化物を減らせば血糖も体重も減ります。最初の試みはご飯やパンを半分にしましょうか。おかずは同じでいいですが根菜類(芋系統)は避けて下さい。それ以外の野菜はいくらとってもいいです。魚や肉、卵は自由にとっていいですよ」とだけ説明した。これだけの方法でそれなりの改善を自分の数値で確認してもらって次に炭水化物制限の具体的な説明をする予定であったが・・・・賢明な患者さんはさっそく自力で解決法を探して実践されたのである。

 

 

最初に来院された後8月後までのHbA1cと体重の変化を示します

以下その実践記録をご紹介します。

食事の写真も内容も、どんなことを考えたかも正直に書いてくれています。医者が説明するよりよっぽど説得力あります。

ゆっくりご覧あれ。おいしそうでボリュ-ムたっぷり・・・

 

 

 

 

食事で気をつけていること

 

  お砂糖は使わない。甘味はラカントSを使用。

 

  お酒も、糖質ゼロのもの(月桂冠から出てる)を使う。

 

  みりんは使わない。(糖質高いため)

 

  パンが食べたいときは、ローソンのブランパンシリーズを愛用。

 

  食材を選ぶときには、炭水化物量(糖質)をチェックして出来るだけ低いものを選ぶようにしている。

 

  基本的には、お菓子や外食はしないようにしているが、月に1度くらいは、解禁日を作って普通に食べている。

 

  甘いものが食べたいときには、手作りするか通販で低糖質の食品を扱っているところから取り寄せる。

 

  牛乳は基本的に飲まずに豆乳(無調整豆乳)で代用。生クリームは、少量使う。

 

  お腹がすいたときには、間食としてチーズやナッツ、おやついわし、サラミなどを食べる。

 

 

病気が分かってからの気持ちの変化

 

【あぁ、そうだったのか…。病気発覚】

5月に職場の尿検査で糖がでていると分かり、受診した。血液検査の結果、立派な糖尿病。それまでの、食生活や日々の生活を考えると無理も無いなと思うところもあったが、やはりショックだったことを覚えている。ちょうど、母の友人が、糖尿病性の壊疽で足を切断したばかりで、自分がそうなったらと不安にもなった。しかし、医師から「糖尿病と分かってもあせる事はありません。少しずつ改善していきましょう。ご飯はやパンは、いつもの半分の量に、野菜は根菜類は摂らない。葉っぱのものはどれだけ食べてもいいです。」と教えていただいた。母の友人のようにはなりたくないと思いつつ、これから私は何を食べていけばいいのか?好きなものは食べられない・・・・。さて、どうしようと思いながら帰宅した。

 

【私が食べられるものは・・・?】

ごはんやパン、おかし、ジュース、じゃがいも、などなど日ごろ好きでよく食べていたものが食べられないとなると、どうしたらいいのか考えた。本屋さんで糖質制限の本を見つけて購入。そこに、糖質の多いもの少ないものの表があり、それがわたしの食べられるものの目安とした。食べられるものより、自由に食べられない物がたくさんあることがつらいなと感じることが多かった。今まで、好きだったものが全てNGになったことが大きかった。

 

【やはり、健康には変えられない!】

 足を切断した母の友人のようにはなりたくない!この一念が、私の考えを切り替えてくれてた。職場での昼食以外では、糖質のあるものは極力避けるように食事を作った。調味料も糖質が低いものに全てきっぱりと切り替えた。職場のおやつも全て断るようにした。

食材を買うときには、成分表をよく見て自分が納得いく糖質量のものを買った。糖質を制限していくうちに食事だけでなく、生活全般がメリハリがでて改善させてきたようにも思う。

 

【糖質制限をしていくうちに・・・。嬉しい変化】

 糖質の量を制限した食事を始めてみると、好きなものが食べられない不自由さはあるけど、それ以外のものなら量を控えることなく、おなかいっぱい食べられるところが私にはとてもよかった。量を制限されるより食材で食べられる食べられないが分かる方が食事制限がしやすいなと感じた。極端にいえば、ステーキをいっぱい食べても自分のなかではOK。食事制限をして、1週間で約5キロの減量。毎日右肩下がりで体重がどんどん減っていくのでそれがとても励みになった。女性なので、病気のこともあるけど、体重が減るということは嬉しかった。食事制限をはじめて、体重の減少とともに、服のサイズがゆるくなってダイエットに成功していることを実感できた。これが、一番の気持ちの切り替えになった。病気のために食事を制限しているのではなくて、ダイエットのために食事制限をしている感覚に変化してきた。糖尿病の治療といえば、カロリー制限、そしてインシュリンの注射などマイナスなイメージが私の中にあったが。糖質を減らす食事制限は、マイナスなイメージからプラスなイメージに転換できるものであると思う。

 さらに、体重の変化だけでなく、血糖値、A1Cの値も改善が見られるようになり、医師からも診察の際に「優秀です。このまま続けてください。」と褒めていただけることも多く、さらに食事制限のしんどさから解放されていった。自分の食事制限がよい結果に繋がっていくことが、さらに継続し行こうとする意欲にもつながっていった。

 

【糖質制限をつづけていく中で・・・。たまには休憩も】

 食事制限始めた当初は、かなり厳密に糖質を摂らないように気をつけていた。お菓子はもちろん、外食もほとんどせず過ごしていたが、血液検査の結果が良好な数値を示すようになってきて、検査の結果が前よりよくなっていたらその日は、すきなおやつを食べてもいいとか、自分ですこし制限を緩める日を作ったりしている。気持ちや生活に負担がかかりすぎるとしんどく挫折してしまうと思うが、ときどき休憩(糖質を食べる日)を作ることで、食べたいという欲求が満たされるので、長続きしているのだと思う。

 

【今後の食事について、目標はあと10キロ減】

 食事制限を始めて8ヶ月、15キロほど減量できたが、目標はあと10キロ。当初ほど体重が落ちないが、緩やかに落ち続けている。このまま継続していけば、いつかは目標に到達するのではと淡い期待を持っている。そのためには、ちょっとは運動をしなければならないのかもしれません・・・・。無理をせず続けていこうと思う。

 

実際の食事の中身は次の実践報告(2)を見て下さい

見た目だけでも楽しくなりますよ。

これだけ食べても血糖は良くなる!

体重は減る!